入れ歯治療|福岡市南区長丘の木村しんすけ歯科クリニック

電話番号:092-710-2610土日診療

入れ歯治療

入れ歯治療
Dentures

入れ歯治療(部分・総入れ歯)のご案内

患者様に最適な入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)をおすすめしております。

歯を失った場合に用いられる代表的な装置です。入れ歯には部分入れ歯、総入れ歯がありどちらも取り外しができます。取り外しができることで外科的な手術を行う必要がなく、身体への負担も少なくて済みます。
簡単に取り外して清掃出来る事から、将来の介護を考えご本人はもちろん介護する側も楽なようにと入れ歯という選択肢を取る方もいらっしゃいます。
歯を失ってしまったとき、歯がないままですと他の健康な歯が傾いてしまったり、抜けやすくなってしまうだけでなく、食事に不便になってしまったり、お顔の表情が変わってしまったり、歯がない事での不調が起きてしまいます。
1本でも歯を失ってしまったときは、他の歯の影響なども考え、何らかの歯科的治療をお勧めしております。

イメージ

入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)の種類

ブリッジ

ブリッジとは、失ってしまった歯があった部分の左右の歯を削り市中の役割をさせ、橋をかけるように人口の歯を入れ固定します。取り外しするタイプではないので装着による違和感は少なく、見た目は自然ですが健康な歯を削る必要があり、今まで問題なかった歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。
そしてブリッジの隙間に食べ物などが入り込みやすいので、歯間ブラシなどで清潔に保ちましょう。

ブリッジのイメージ

部分入れ歯

部分入れ歯は両側の歯にバネをかけ、歯茎に近い色をした床の上に人口の歯をのせます。左右の歯を削らずに装着できますが、バネをかけた歯に負担がかかるのと、バネ自体が目立ってしまいます。

部分入れ歯のイメージ

総入れ歯

上の歯、下の歯のいずれかが1本も残っていない場合に総入れ歯を使用します。はじめは違和感があり、様子を見ながら調整していく必要があります。

総入れ歯のイメージ

スマイルデンチャー

バネの部分が歯ぐきに近い色で作られた審美性に優れた入れ歯です。特殊なナイロン樹脂で薄く作られており、装着時の違和感が少ないのが特徴です。

スマイルデンチャーのイメージ

入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)の治療費について

歯を失ってしまった場合の治療にも保険適用治療と自費診療がございます。
治療費だけでなく見た目や耐久性の違いもございますので、まずお口の中の状態を診療し、患者様のご希望に合わせてご案内させていただきます。 上記の中ではスマイルデンチャーが自費診療となりますので治療費用を記載いたします。

スマイルデンチャー

金額(税込) 100,000~120,000円

※形や歯数によって異なります。

↑TOP

© 2017 木村しんすけ歯科クリニック. All Rights Reserved.